Home > Archives > 2009-01

2009-01

ダイヤ街のイルミネーション

アーケードの掛け替え工事をしているダイヤ街ですが、工事中でもイルミネーションをしていました。

工事中のダイヤ街のイルミネーション
工事中のダイヤ街のイルミネーション

青い照明が綺麗ですね。

ABC-MART吉祥寺店がセール中

ABC-MART吉祥寺店の売り尽くしセール

ABC-MART吉祥寺店の売り尽くしセール

ヨドバシ吉祥寺の近くにある、シューズショップのABCマートがセールをしていました。

一瞬、閉店の文字を見かけてどきっとしましたが、改装のためだそうで、売り尽くしセール中です。

★お店情報:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-13-30422-21-7751、10:00?20:00

タイの食卓クルン・サイアムのタレー・パッポン・カレー

■ふわふわの食感、スパイシーな味

タイの食卓クルン・サイアムのタレー・パッポン・カレー

タイの食卓クルン・サイアムのタレー・パッポン・カレー

タイの食卓クルン・サイアムで、ランチを食べました。タレー・パッポン・カレー(¥1,200。生春巻きとスープ付き)です。

ふわふわタマゴの優しい食感が際立っています。香りも味もスパイシーなのですが、タマゴの甘さで激辛とはなっておらず、食べやすかったです。

魚介類がたっぷり入っていて、そのエキスもカレーの隠し味になっているのかもしれません。お野菜もいっぱい入っていますし、香辛料のおかげでどこかヘルシーな感じがします。?

そして、量もなかなか。生春巻きとスープが付いていて、お米もたっぷり。お腹いっぱいになりました。

避暑地のバンガローの様な、店内も素敵でした。

タイの食卓クルン・サイアム

タイの食卓クルン・サイアム

?

★お店情報:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-24小島ビルB1F、0422-29-7186、11:00?15:00、17:00?23:00、無休

井の頭動物園の子牛、まもなく公開終了

井の頭動物園で公開中の子ウシですが、まもなく終了となるそうです。

井の頭動物園門の横断幕

井の頭動物園門の横断幕

公園の前の横断幕で知らせていました。2009年1月25日でおしまいとなります。

★井の頭動物園:武蔵野市御殿山1-17-6、0422-46-1100、井の頭動物園(井の頭自然文化園)のホームページ

この投稿にタグはありません。

南・北インド料理シャンティサガーのマトンカレー&バーベキューセット

■本格的インド料理が、手軽に、吉祥寺で

吉祥寺に新しくオープンした、南・北インド料理シャンティ・サガーで、ディナーを食べました。マトンカレー&バーベキューセット(¥1,800)です。

このメニューは、マトンカレー、チキンティッカ、タンドリーブラウン、シシカバブ、ナンまたはライス、そしてサラダのセットでした。

シャンティサガー、いい意味で、本格的なお店ですね。まず、店員さんのほとんどが日本語が不慣れです。チキンをチッキンッと発音しないと通じない緊張した感じ(もちろん、メニューを指させばよいのですが)。そしてメニュー。エビの窯焼きである、タンドリーブラウンが自然とセットに入っています。

南・北インド料理SANTHI SAGARのマトンカレー&バーベキューセット

南・北インド料理SANTHI SAGARのマトンカレー&バーベキューセット

お料理が出てくると…、ナンが大きいですね。焼き立ててアツアツ、そしてふかふかです。マトンカレーは辛さはあまり無く、いろいろなスパイスの味が少しずつとけ込んでいる感じ。マトンが全然臭くなくて、ほろほろとした繊維が柔らかく、カレーに合っています。

タンドリーブラウンとチキンティッカに緑色のソースが添えられているのが珍しい。香草のペーストでしょうか?これら2つはカレーとは違って、カレースパイスの味がしっかりとついています。ソースをつけるとちょっと辛さが和らぎ、爽やかになりました。チキンティッカはしっとりと柔らかく、刺激とも相まって、ビールにピッタリ。意外と食べでがあって、お腹がいっぱいになります。

ピリッと辛くなく、いわゆるカレーの香りは弱い。ですがその代わり複雑なスパイスの味と香りが楽しめました。一方、サイドメニューはスパイシー。サクサクとしたタンドリーブラウンと、柔らかいチキンティッカと食感も違って、こちらもおいしくいただきました。

吉祥寺の北・南インドレストランシャンティサガーの外観

吉祥寺の北・南インドレストランシャンティサガーの外観

接客もいいですね。店員さんは一生懸命にオーダーを聞いてくれて、不快な感じはしません。むしろ、こちらが旅行者のような、地元のお店にふらりと入ったような、本場の味を食べられるのだなという、いい意味での本格さがあります。一万円札で支払おうと思ったら、「細かいのでお願いできませんか」という旨で逆にお願いされるなんて、額面が大きなお札が遠慮されている感じで、日本円で支払っているのにどこか海外っぽいではありませんか。

お袋の味のカレーライス。本場のスパイシーなカレーがバイキング形式で食べられるお店。タイ風カレー。吉祥寺には、いろいろなカレー屋さんがありますが、この時点で本格的なお店といったら、シャンティ・サガーを勧めたいと思います。

★お店情報:東京都吉祥寺武蔵野市南町1-11-1、0422-40-9310、11:00?24:00

ミートショップサトウ吉祥寺店のメンチカツ

■吉祥寺名物。行列必至

サトウ食品吉祥寺店のメンチカツ(1個¥180)です。

テレビや雑誌でおなじみの佐藤精肉店のメンチカツ。お店に行き、「あれ?並んでいない?ラッキー!」と思うのは早とちり。道の反対側に長?い行列が出来ていて、お店の前にはお肉やメンチカツ以外のお総菜を買うお客しかいないからです。

メンチカツだけは別の列。並ぶと個数を聞かれ、その分だけ袋に入れてくれます。

吉祥寺名物メンチカツのパッケージ

吉祥寺名物メンチカツのパッケージ

いわゆるメンチカツと違って、丸くボールのようです。中はもちろん、松阪牛がぎっしり。温かいと、肉汁がじゅわっとあふれ出てきます。そのままいただいても、十分おいしい。ボリュームとたっぷりの松阪牛のエキス、脂が堪能できます。

サトウのメンチカツ

サトウのメンチカツ

夕方には売り切れになってしまうことが多い、吉祥寺の名物。狙いは、開店直後でしょうか。比較的並ばずに買うことが出来ることが多い気がします。

なお、サトウ精肉店のお隣は、こちらも有名な和菓子屋さんの小ざさ。時々、行列が小ざさの最中などを買うお客と、2つになっていることがあります。並ばれる時は念のためご注意を。

お店情報:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8、0422-22-3130、9:00?20:00、無休

吉祥菜館のマーボナス丼と鉄鍋餃子

■絶妙に、日本人向け本格中華

中華料理の定食

吉祥菜館のランチメニュー、吉祥菜館のマーボナス丼と鉄鍋餃子(¥850)です。スープと杏仁豆腐が付いてきます。

土鍋に盛られたご飯とマーボナスは、はっきりと申し上げて盛られていますね。載せられた後、火にかけられた感じはしません。土鍋にご飯をよそい、その上からアツアツのマーボをかけたという感じです。

肝心の味は、トーチーの風味がして、とはいえ中華食材の風味が強くなく、良い意味で日本人好みの中華料理という感じ。場合によっては、香辛料がやや苦手という印象を持たれる方がいるかもしれません。

鉄鍋餃子は、そのままいただいても、お肉と皮の風味が伝わってきておいしいです。かりっとした焼き上がりではなく、柔らかさを持ったジューシーな感じでした。

★お店情報:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-2?内田ビル3F0422-41-0628 、11:00?24:00

ホープ軒のチャーシュー麺

前に、ホープ軒のチャーシュー麺(¥800)を食べました。

吉祥寺の老舗ラーメン店、ホープ軒のチャーシュー麺

チャーシューは薄いです。ですが、見かけに錯覚してはなりません。とても食べでがあるからです。5枚くらい重なって載せられていました。

スープは不思議な感じです。見た目は脂がたっぷりと溶け込んでいる感じで、香りもとんこつの風味がぷーんと漂ってきます。香ばしさもあります。あっさりとした口当たり。細い麺が会いますね。

テーブルの上に胡椒と唐辛子調味料があって、これを好みで振りかけて味を変えることが出来ます。軽いのに重い。不思議なラーメンです。

ホープ軒
武蔵野市吉祥寺本町1-14-12
0422-20-0530
11:30-翌3:00、日:11:30-翌2:00
無休

JR吉祥寺駅のボトルキャップ回収

2009年1月9日の朝日新聞朝刊に、吉祥寺駅が載っていました!駅構内で回収している、ペットボトルのボトルキャップの取り組みについて、写真入りで紹介されています。

吉祥寺駅の取り組みについて紹介

回収箱は、中央線快速の三鷹側の上り階段の近く、おそば屋さんの前の柱の所に設置されています。

時々イラストが変わっていて、「いくつくらい回収されました」とか、「ご協力ありがとうございます」など、吉祥寺駅員さんからのメッセージが書いてありました。

?朝日新聞で紹介された、エコの取り組み

サンマルクカフェ吉祥寺元町通り店のミルクティチョコクロと抹茶ラテ(M)

サンマルクカフェ吉祥寺元町通り店のミルクティチョコクロと抹茶ラテ(M)です。

ほんのりお抹茶の香りがして、甘みが強い抹茶ラテM(¥350)。砂糖をつけていただいたのですが、入れずにそのままいただきました。

?サンマルクカフェ吉祥寺元町店のミルクティチョコクロと抹茶ラテ

ミルクティチョコクロ(¥170)は、さくっとしたパイ生地のような重なりが歯ごたえを保っています。バターの風味は強くなく、生地の甘さを引き立てていて、中には紅茶の香りが高いクリームが。噛むほど甘さがしみ出してきて、生地のさっくりさと相まって美味しかったです。

★お店情報:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-9 SKビル、0422-29-1309、7:00?23:00

Home > Archives > 2009-01

Search
Feeds
Meta

Return to page top